未分類

未分類

致死性不整脈とは?致死性不整脈の疑いとは?

致死性不整脈とは 致死性不整脈とは、脈拍が速すぎて心臓が痙攣したような状態になり、血液を循環させる機能を十分に果たせなくなって心停止が起こることです。直ちに治療を行わなければ、心臓から血液が送り出せない状態にあるため(心停止発作)、数分で...
未分類

医療コンフリクト・マネジメントとは

医療コンフリクトとは 「相対する意見ないし要求などが対立し緊張状態を生じること」。怒りが表出され、苦情、クレーム、紛争、対立に至った状態はもちろんですが、一方が不安、不満を感じながらも胸の内に秘めて表出できない状態もコンフリクトに含めます...
未分類

媒介分析 mediation analysis

媒介分析というのは、独立変数X ⇒ 従属変数Y という因果関係があったときに、XとYの中間に媒介変数Mを仮定するモデルのようです。社会心理学などで多用されるとのこと。参考になる論文としてはBaron and Kenny 1986だそう。 ...
未分類

大脳基底核(線条体、淡蒼球、)の役割、直接経路、関節経路とは?

大脳基底核という名前について 大脳基底核 basal gangliaのbasalと言う言葉は、これらの脳部位が前脳 forebrainの底(基底)の部分に存在することに由来しています。また、ganglia(神経節)は本来、末梢神経系の領域...
未分類

オレキシン(ヒポクレチン)とは

2023年度のノーベル賞候補として、オレキシンの発見者の名前が挙がっています。 クラリベイト社が論文引用回数などに基づいく引用栄誉賞を発表し、23人の研究者が選ばれました。その中に日本人が2人含まれます。一人は、筑波大学国際統合睡眠医...
未分類

ユング心理学とは?

無意識の心理学 PSYCHOLOGY OF THE UNCONSCIOUS A Study of the Transformations and Symbolisms of the Libido A Contribution to t...
未分類

カール・ロジャースの臨床心理学

ロジャーズの著作 ロジャーズ選集(上):カウンセラーなら一度は読んでおきたい厳選33論文 ハワード カーシェンバウム, ヴァレリー・ランド ヘンダーソン 誠信書房 目次: 第Ⅰ部 私を語る 1 私を語る 1961 2 私の...
未分類

フロイトの心理学:無意識の発見、リビドー(性欲)に基づく発達理論、行動を「超自我,自我,イド」で説明。

フロイトはその名前を知らない人はいないんじゃないかと思えるくらいに、有名な心理学者です。しかしその理論は過激で発表当初は激しい批判にさらされました。ところがその後、フロイトの理論は世界中に広まり、日本でも大学の臨床心理学の講義では非常に重要...
未分類

心理学の巨匠、自己啓発の発祥:アドラー(1870~1937)の心理学

アドラーといえば、フロイト、ユング、カール・ロジャースなどと並んで名前が挙がる、心理学の歴史を築いた人の一人です。ビジネス書を中心にアドラー心理学が紹介されていますが、大学の心理学の講義においてはフロイトやユングほど重要視されていないようで...
未分類

鮭が産卵後に死ぬ理由と人が死ぬ理由:ストレスが死を招くStress kills

よく過労死がニュースなどで話題になっています。エネルギーの供給が需要に追い付かなくなれば人は死に至るのだと思いますが、実際にはそうそうそういう状態にはなりません。それよりも、過労で心身ともにヘトヘトの状態+人間関係などからくるストレスで人は...
モバイルバージョンを終了
タイトルとURLをコピーしました