耳鼻咽喉科」カテゴリーアーカイブ

「のどちんこ」(口蓋垂)の、上品で恥ずかしくない別の呼び方は?

人前で性的な言葉を口にするのは通常、憚られるはずですが、「のどちんこ」に関しては男性の外部生殖器を表す俗称がその言葉の中に含まれているにも関わらず、日常語として広く用いられています。のどちんこのことを医学用語では口蓋垂(こうがいすい)と言いますが、一般の人は「こうすいがい」と言われてもピンとこないでしょう。かといってほかに適当な呼び方が思いつきません。残念ながらのどちんこは、のどちんこなのです。しかしながら、その呼び名には困惑してしまうという人たちも少なからず存在するようです。

のどちんこと口にすることは恥ずかしい?

  • 今のところ「のどの奥」と言わせています
  • 「のどの、あの、あの辺りを」とか言いにくかったです。
  • 大人になってからは言えなくて単に「喉」と曖昧に言ってました。
  • 一つのつながった単語だと捉えていた頃は抵抗なかったのですが、 「あれ? 喉の・・・ち◯こ?」 気づいたらもう言えません!

(のどちんこ、の上品な言い方は?(やや駄)ハルハル 2011年8月29日 9:55 発現小町

のどちんこを別名で呼ぶことのリスク

  • 独自のネーミングをしたとして、 「それ何?」と問い返されたらどうします? 「のどちんこ のことよ。」と答えたのでは意味ないでしょう。‥ 「ちんこ」という言葉をあえて避けているのだな、というのがバレてしまうと、かえって‥ (のどちんこ、の上品な言い方は?(やや駄)ハルハル 2011年8月29日 9:55 発現小町

のどちんこの別の呼称

のどひこ

ドイツ語でRの発音の仕方が2種類あって、ひとつは「巻き舌のR」、思い切りルルルル!とべらんめえみたいに巻き舌する発音と、もうひとつが「のどひこのR」でのどの奥のほうをこすり合わせるように発音する方法でした。NHKラジオ講座でずいぶん説明を聞いて練習しました。(のどちんこ、の上品な言い方は?(やや駄)ハルハル 2011年8月29日 9:55 発現小町

のどちんぽ

のどちんこものどちんぽも広辞苑に普通に載っているそうです。

突然口の中(喉)に血豆 Angina Bullosa Haemorrhagica (ABH)

突然口の中(喉)に血豆ができる、Angina Bullosa Haemorrhagica (ABH)という症状があるそうです。一応、稀な疾患とされていますが実は決して稀ではないみたいで、体験者のブログ記事がいくつか見つかります。

「決してまれではなく、国内では、1990年代から歯科・口腔外科領域で報告されてきたが[1]、医科の領域ではあまり認識されていないようだ」(いつのまにかできて消える口腔内の血疱 (2010.1.26改訂) 2009/04/24 末田 聡美=日経メディカル

 

Angina Bullosa Haemorrhagica (ABH) is considered a rare condition. However, overview of English language literature of the case reports in the last 05 years revealed that the condition is not as uncommon as it was considered previously (Table-1). (Angina bullous haemorrhagica: Case report and review of literature Case report J Pak Med Assoc Vol. 68, No. 10, October 2018)

 

ABHの命名(最初の論文報告)

ABHの最初の報告は1967年でBadhamによってなされました。

Badham1)は この ような大きな血液水疱のうち,水疱性疾患あ るいは血液異常のような全身疾患とは無関係に特発性に血管破掟をきたし口腔粘膜下に出現する血液水疱を,Angina Bullosa Haemorrhagica(以下ABHと略す)と命名した.

  1. Blood blisters and the oesophageal cast J Laryngol Otol . 1967 Jul;81(7):791-803. doi: 10.1017/s0022215100067700.  N J Badham

 

 

ABHの発症機転

ABHはトンカツとか唐揚げなどの揚げ物で生じることが多いようです。

豚カツなどを口の中でモグモグしている際に、揚がったパン粉が口の粘膜にチクリと刺さるような痛みに襲われます。するとその部分が瞬く間に膨れてきて赤黒い血豆が形成されます。(口の中にできる血豆、ABHを詳しく解説 2019年07月04日 野口内科)

上のブログが一般向けで一番詳しい解説だと思います。

 

ABSの経過

血豆ができたあと、それがつぶれて口内炎のような症状になるようです。

  • 左側軟口蓋部に暗赤色,半球状,約20×20mmの水庖を認めた(写真1).
  • 水庖は初診当日帰宅後に破れ,翌日来院時には白色の被苔とそのなかに多くの赤色斑点が存在する大きなびらんを形成していた(写真2)

(引用元:〔図説〕松本歯学17:242-243,1991 最近の症例から(11) Angina Bullosa Haemorrhagica(ABH)

水疱は初診日夜に破れ,翌日再診時には接触痛のあるびらん面を呈し,白色の被苔とそのなかに多くの赤色斑点が存在していた(写真2).

(引用元:Angina Bullosa Haemorrhagica(ABH)の4例 日本口腔外科学会誌 Jan.1991 J-STAGE

 

ABH後の2次感染の恐れ

ABH treatment may include the use of anti-inflammatory and antibiotic agents, as well as antisepsis with mouthwash containing 0.25% or 0.12% chlorhexidine digluconate, to help relief painful
symptoms and avoid secondary infections2,12,13,18,19. Because secondary infection of areas of ulceration are not uncommon, it is of paramount importance that the patient be provided with appropriate information and adequately followed. Patients presenting with lesions affecting the soft palate should be immediately prescribed antibiotic prophylactic therapy; in our study, all patients with lesions at the soft palate developed secondary infection. In other
regions, patient follow-up will reveal whether the use of antibiotics is needed or not. There is a recommendation in the literature
that oral antiseptics such as chlorhexidine digluconate be prescribed to all patients, as these agents seem to have an important role in the prevention of infections after blister rupture. Our findings apparently confirm the benefit of that recommendation: no antiseptic agent was prescribed before the clinical diagnosis of infection, and all four cases with lesions affecting the soft palate developed secondary infections after rupture.

RFO, Passo Fundo, v. 17, n. 3, p. 347-351, set./dez. 2012

 

ABHが発症する人のブログ記事

ABHは原因不明なようですが、症状や対処方法がわかれば、少しは安心できると思います。

  1. ABH。追記あり。 2020-05-31 23:34:01 ぶきっちょさんの平和な日常。

 

ABHに関する論文

  1. PUBMEDで検索
  2. Giant Angina Bullosa Haemorrhagica Indian Dermatol Online J . 2020 Nov 8;11(6):1036-1037. doi: 10.4103/idoj.IDOJ_431_19. eCollection Nov-Dec 2020.
  3. Angina bullosa haemorrhagica: a systematic review and proposal for diagnostic criteria International Journal of Oral and Maxillofacial Surgery Volume 48, Issue 1, January 2019, Pages 28-39
  4. An Oral Hemorrhagic Blister That Heals Spontaneously Mohammad Ali El-DaroutiFaiza Mohamed Al-Ali 1. 2. Challenging Cases in Dermatology Volume 2 pp 37-41  Chapter First Online: 29 August 2019 Springer Link
  5. Angina bullosa hemorrhagica an enigmatic oral disease World J Stomatol 2015 February 20; 4(1): 1-7
  6. Angina bullosa hemorrhagica of the soft palate: a clinical study of 16 cases Journal of Oral Science/50 巻 (2008) 1 号 J-STAGE
  7. Angina bullosa hemorrhagica of the soft palate: report of 11 cases and literature review J Oral Maxillofac Surg . 2006 Sep;64(9):1433-6. doi: 10.1016/j.joms.2005.11.058.
  8. Angina Bullosa Haemorrhagica (ABH) と Oral Allergy Syndrome (OAS) 耳鼻と臨床/56 巻 (2010) 6 号 J-STAGE
  9. Angina Bullosa Haemorrhagicaの1例 西日本皮膚科/67 巻 (2005) 6 号  J-STAGE
  10. Angina bullosa haemorrhagica presenting as acute upper airway obstruction DOI:https://doi.org/10.1093/bja/aeh029 British Journal of Anaesthesia BJA CASE REPORTS| VOLUME 92, ISSUE 2, P283-286, FEBRUARY 01, 2004 気道閉塞、気道[気管]障害
  11. Blood blisters and the oesophageal cast J Laryngol Otol . 1967 Jul;81(7):791-803. doi: 10.1017/s0022215100067700.  N J Badham