間質性肺炎 Interstitial pneumonia (IP) とは?細菌性肺炎との違い

スポンサーリンク

間質性肺炎と細菌性肺炎の違い

間質性肺炎とは、肺から取り込んだ酸素を血液へと受け渡す場所である「肺胞」の壁を中心に炎症が起こり線維化を起こす病気です。線維化を起こすと肺が固くなり、体への酸素の取り込みがうまくいかなくなります。一般的な肺炎、いわゆる細菌性肺炎は、肺胞の中の炎症をきたすもので、間質性肺炎とは異なります

間質性肺炎(特に特発性肺線維症)ついて 明石医療センター

「間質性肺炎」というのは、名が体を表していない好例ですね。下の説明は的を射ていてわかりやすいです。

間質性肺炎は語尾に肺炎が付きますが、肺炎とはまったく異なる病気です。肺という臓器をコップにたとえると、コップの中で起こる病気が肺炎で、コップ自身が侵される病気が間質性肺炎です。

間質性肺炎 - 東京逓信病院
東京逓信病院は東京都千代田区の総合病院で、どなたもご利用いただけます。救急難民やがん難民を作らない急性期及び総合的がん診療医療機関を自負し、新しい医療とエビデンスを創造し発信する先進医療機関を目指します。

急性間質性肺炎と慢性間質性肺炎の違い

 

タイトルとURLをコピーしました