リンゴ酸(maleic acid; malate)に関する疑問と答え

TCA回路の中間代謝物8つあるうちの一つがリンゴ酸です。

  1. クエン酸 (citrate)
  2. イソクエン酸 (isocitrate)
  3. α‐ケトグルタル酸 (alpha-ketoglutarate)
  4. スクシニルCoA (succinyl CoA)
  5. コハク酸 (succinate)
  6. フマル酸 (fumarate)
  7. リンゴ酸 (maleic acid; malate)
  8. オキサロ酢酸 (oxaloacetate)

台所でおやつに食べるリンゴを切りながら、そういえばリンゴ酸はリンゴに含まれているんだっけ?と思いました。名前からしてそうなんだろうと思いますが、一応確認しておきます。

リンゴに含まれる酸で一番多いのはリンゴ酸か?

それはそのようです。

In apple, malate is the predominant organic acid, accounting for up to 90% of total organic acid content ().(https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC8154052/

malic acid accounts for more than 90% of the total acid and largely controls apple fruit acidity (). (https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC6997694/

リンゴ酸はリンゴに最も多く含まれるのか?

リンゴ酸はリンゴ以外の果物にも含まれるのか?

リンゴ酸は、リンゴ、桃、琵琶(ビワ、loquat)においては、これらの果物に含まれる有機酸のうちの主要な成分になっているそうです。

Three major organic acids that accumulate in most fruits include malic, citric, and tartaric acid, and their final concentration in ripening fruits depends on the balance between the biosynthesis of organic acid, their degradation, and their vacuolar storage [,]. Organic acids are different in various kinds of fruits. For example, citric acid is the major organic acid in citrus [], while malic acid is the predominant organic acid in apple [], pear [], and loquat [].(https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC6316603/

リンゴのどこにリンゴ酸があるのか?

Most of the malic acid in apple fruit resides in the vacuole of the parenchyma cells () (https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC6997694/

リンゴのリンゴ酸は何をしているのか?

リンゴ酸は誰が見つけたのか?

リンゴ酸は誰が名付けたのか?

リンゴ酸の作用は?

Malate, which is one of the main organic acids, has various biological activities and pharmacological effects including the promotion of ATP production, antioxidant and anti-inflammatory activity, and the ability to reverse oxidative stress ().(https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC8154052/

 

Posted by on 2023年3月25日 in 未分類