尿毒症 uremia とは

 

尿毒症の症状

思考力の低下 怒りっぽい 不眠 頭痛 全身のだるさ 食欲低下 吐き気 口臭 かゆみ 皮膚が黒っぽくなる 血圧が上がる 尿が少なくなる 息苦しい 水がたまる むくむ(5.尿毒症症状とは 国立循環器病センター)

Patients presenting with uremia typically complain of nausea, vomiting, fatigue, anorexia, weight loss, muscle cramps, pruritus, or changes in mental status. The clinical presentation of uremia can be explained by the metabolic disturbances associated with the condition.(Uremia ncbi.nlm.nih.gov)

尿毒症の原因

尿毒症の原因となる毒性物質を、尿毒症性物質と呼ぶ。尿毒性物質は、尿素窒素尿酸クレアチニンなどのタンパク代謝老廃物副甲状腺ホルモン活性酸素などが報告されている。(尿毒症性物質 ヘルスケアプランナー)

Uremia most often occurs due to chronic kidney disease (CKD) that may lead to end-stage renal (kidney) disease (ESKD), but can also occur quickly leading to acute kidney injury and failure (AKI) that is potentially reversible. (uremia Cleveland Clinic)

尿毒症の病態

腎臓病が進行して、腎臓病ステージ4以降になると腎臓の体の老廃物を出すという役割が鈍り体に老廃物が貯まるようになります。尿毒素という老廃物が貯まる状態を尿毒症(にょうどくしょう)と言い、透析が必要になる一歩前の段階で見られる症状です。‥ タンパク質を制限することで、尿毒素の量を減らして尿毒症になる可能性を減らすと考えられています。(タンパク質制限の効果はどれほどあるのか じんぞうの学校)

血中尿素窒素(BUN)

尿素窒素は、タンパク質が利用された後にできる老廃物です。本来は、腎臓の糸球体でろ過され尿中に排泄されますが、腎機能が低下するとろ過しきれず血液中に溜まるため、血液中の尿素窒素の値が高くなります。血中尿素窒素の正常値は20mg/dl以下です。(腎臓病について 全腎協)

尿毒症 uremia に関する参考サイト

  1. uremia  youglish.com

Posted by on 2023年3月27日 in 未分類