科研費申請書の書き方:学術的な問いを書いてライバルに差をつけろ!

採択されるための科研費申請書の書き方のコツですが、簡単にライバルの応募書類との差をつける方法があります。それは、学術的な問いをしっかり書くこと。「学術的な問いが明確か?」は、審査のポイントの一つであるにもかかわらず、そして、「研究の背景および核心をなす学術的な問い」というセクションタイトルをわざわざ書いているにも関わらず、学術的な問いが何であるのかを書いていない計画調書が多数あります。審査委員に読み取れよというつもりなのでしょうか。なんて傲慢な態度でしょう。学術的な問いは、きちんと書いたほうが印象が良くなると思います。本研究の学術的なといは、~である。と書いたり、本研究では、~を学術的な問いとする。などと書けばよいと思います。